ブログ

第6回 日本「祈りと救いとこころ」学会 開催のご案内

精考会主宰である秋田 啓次教授(中京学院大学 精神看護学分野 准教授)もご出席されます。また、精考会メンバーの安田 美彌子教授(鳥取看護大学 精神看護学)は13時からの「精神科医療におけるマインドフルネスの可能性」に座長として登壇されます。

ご興味のある方は、この機会にぜひ奮ってご参加ください。

第6回 日本「祈りと救いとこころ」学会

inori_20191109のサムネイル

テーマ「医療と宗教」~マインドフルネス瞑想と祈り~
日時:2019年11月9日(土)9:55~17:50 (受付開始9:00~)
会場:ホテルメトロポリタン 富士の間AB(3F)ほか
住所:〒171-8505 東京都豊島区西池袋1-6-1

参加費:
【会員】事前 / 2,000円 当日 / 3,000円
【一般】事前 / 3,000円 当日 / 4,000円
【学生】事前 / 1,000円 当日 / 2,000円
【懇親会参加】上記金額 + 2,000円

プログラム

10:00~10:30 「仏教と医療の協力 – 宗教を警戒する日本社会においての期待」
【講師】ケネス田中(武蔵野大学)
【座長】榎本 稔(榎本クリニック)

10:35~11:30 「マインドフルネス ― 基礎と発展」
【講師】越川 房子(早稲田大学)
【座長】張 賢徳(帝京大学)

13:00~14:00 「精神科医療におけるマインドフルネスの可能性」
【講師】川野 泰周(臨済宗建長寺派林香寺/RESM新横浜 睡眠・呼吸メディカルケアクリニック)
【座長】安田 美彌子(鳥取看護大学)

14:10~16:10 「医療と宗教~マインドフルネス瞑想と祈り~」
【シンポジスト】
・宮﨑 幸枝(みやざきホスピタル)
・川野 泰周(臨済宗建長寺派林香寺/RESM新横浜 睡眠・呼吸メディカルケアクリニック)
・白井 幸子(ルーテル学院大学)
・大下 大圓(高野山真言宗飛騨千光寺/臨床瞑想法教育研究所)
【座長】
島薗 進(上智大学グリーフケア研究所/東京大学)

16:20~17:50 公開講座(参加費無料)「『やめられない』を卒業しましょう~あらゆる『依存症』をたちきるブッダの智慧~」
【講師】アルボムッレ・スマナサーラ(スリランカ上座仏教)
【座長】ケネス田中(武蔵野大学)

お問い合わせ先:学会事務局 03-3982-5345

事前申し込み締め切りは9月30日(月)となっております。

詳しくは 日本「祈りと救いとこころ」学会のホームページをご覧になってください。
日本「祈りと救いとこころ」学会 ホームページ