メンバー紹介

秋田 啓次AKITA KEIJI
精神障害者の在宅促進を考える会 主宰
全国の関心の高い心ある方々からメッセージをいただき、精考会は拡大しています。2012年、国は精神障がい者の地域移行・地域定着を推進する方向性を明らかにしました。その時、医療従事者だけでは限界を感じ、職種を問わず、有職無職も問わず、広く地域に連携する必要を痛感しました。そこで、2012年4月に兵庫で「精神保健医療の在宅促進を考える会」を開催するようになり、その後、支部兵庫から支部東京へ、支部大阪へ、そして支部岡山へ、支部富山へと広がっています。
私は元大学病院の手術部と精神科で看護師をしていました。特に依存症に関してはニューヨークで専門的に学びました。
秋田啓次
病院経営を学ぶ大学院へ進学し、病院で事務職として医療経営や企画に携わることもできました。リスクマネージャーの資格も持っているので、精神障がい者が地域で暮らすためのリスクを洗出し、様々な業者や地域の人々と連携し、協力し、行政まで現場の声を届けたいと考えて、毎月精考会を開催し勉強しています。
現在は大学で教育と研究に従事しています。アカデミックな環境に恵まれた今、一層、精神障がい者に開かれた世界の風土と文化づくりに貢献していきます。【医療経営フェーズスリー(株式会社日本医療企画発行医療雑誌)掲載記事】
早期発見・治療・在宅移行に向け山積する精神疾患の問題(PDF)
精神患者の在宅移行に必要となる医療介護・企業・地域の協力体制(PDF)【産労総合研究所(看護のチカラ マネジメント力を高める実践情報誌)掲載記事】
男性看護師約70人のアンケートから見えた「自立・自律」の阻害因子と必要因子(PDF)

竹本 菊郎TAKEMOTO KIKURO
工学博士

本活動は精神病患者に限定した内容ではなく、“全てのことに通じる「原点の活動」である“と思うと共に、この活動をもっと広く拡大させていくことが“今の日本にとって大切なこと”と考えて賛同しています。

【プロフィール】
住友電気工業(株)にて化合物半導体分野の技術開発と事業化に従事。
定年後は住電半導体材料(株)の顧問及び創研工業(株)の副社長・特別顧問等を歴任。
また、サムスンコーニング精密素材(株)の技術顧問等も歴任して現在に至る。
現在は、北浜国際特許事務所・顧問、界面反応成長研究所・技術顧問等、数多くの企業の顧問に従事。
8年前より「おむつセンサーシステム」の開発に従事し、現在は実用化テスト用の試作機の製作に入り、これから本格的な普及展開へ繋ぐ状況にある。
半導体関連の専門以外で、「安全」に対する対策については、企業や大学及び一般社会で数多くの特別講演や講義等を経歴。専門分野及び安全に関する著書多数。
静岡大学及び福井工業大学の客員教授を歴任。(※多数の大学で特別講義等を歴任)
一般社団法人・応用物理学会、日本結晶成長学会、日本設備管理学等の学術団体に在籍。
現在、一般社団法人・リスクマネジメント協会及びNPO 法人京都エネルギー環境研究会のメンバー。
高圧ガス保安協会の専任講師(特殊高圧ガス及び危険物等)。

竹本 菊郎

岡本 正OKAMOTO TADASHI
岡本正総合法律事務所(東京都) 弁護士・医療経営士2級・マンション管理士

偏見をなくし、お互いを理解し合い、支えあえる輪を、地域社会や企業の中につくることが「精考会」の目的です。各分野のプロフェッショナルの知恵を活かし、地域や企業の皆様が、自分ごととして障害者医療・福祉を考えていただけるプログラムの開発に務めたいと考えています。

2003年に弁護士登録し、2013年に現事務所を開設しました。慶應義塾大学や中央大学等でも公共政策の講座を担当しています。内閣府で2年間各省庁の行政改革等を担当した経験や、東日本大震災の支援や復興政策にかかわった経験を活かし、現場の声を制度に繋げる役割を担うことができれば幸いです。

岡本 正

安田 美彌子YASUDA MIYAKO
鳥取看護大学 精神看護学教授
日本アディクション看護学会元理事長

私は保健婦として企業や地域で健康管理にあたっていましたが、縁があって教員となり、現在でも看護大学で精神看護学の教育をしています。
精神障がい者への偏見をなくし、共に歩み共に生活することを支援できる看護職を育てたいと考えています。精神病院での実習に際して「心が病むはどういうことなのか、心を病んで生きる生きづらさとはどのようなものか」、「なぜこのようなところで治療しなければならないのか、この環境が本当に必要なのか」などを自分の目で確かめ、自分の頭で考えてほしいと話しています。
安田 美彌子

伊藤 夕子ITO YUKO
こひつじ会グループ 日本介護教育学院 主任
精神保健福祉士 介護福祉士 アドラー心理カウンセラー
ストレスチェック実施者

千葉県内の二つの教室で、初任者研修、実務者研修講座での学校運営や講師・生徒対応と介護福祉士受験の応援をしています。
また、メンタルトレーニングに関する様々な後援会活動や、アドラー心理学の「スマイル」講座でコミュニケーションの実践トレーニングを行っています。様々な人生と悩み、生きづらさを抱えている沢山の方々との出会いにより今日の私が育てられました。
「人は生きてるだけで、他の人の貢献感を引き出す貢献をしている」(アドラー)といわれています。
これからも多くの方々と出会いたい、そして目の前の一人の方の力になりたい、と思います。
精考会に関わることで、新しい力をいつもいただいてます。

伊藤 夕子

横田 泰洋YOKOTA YASUHIRO
こひつじ会グループ経営企画室 管理部 部長代理医療経営士1級、基本情報技術者

平成24年9月の東京精考会発足当初から事務局として活動しています。医療経営士という立場からも社会に対して精神障害者への理解を深め、豊かで健全な社会作りに向けて、微力ながら貢献していければと考えております。

工学部を卒業後、メーカー系SE、IT・メディカル領域の採用コンサルティング経験を積み、以前からの希望であった医療・福祉業界へ転職して来ました。今は人事担当ということで主に「人」に特化した業務を行っています。精考会の活動を通じて、障害者の社会進出の必要性も理解した上で、障害者雇用の取り組みを実施することができ、現在は障害者法定雇用率を150%達成しています。

横田 泰洋
【2013年3月発行『医療経営フェーズスリー』(株式会社日本医療企画発行医療雑誌)掲載記事】
医療経営を学ぶことで経営全体が見え、人事担当者としての仕事にもつながる(PDF)【2016年4月発行『月刊 医療経営士』(株式会社日本医療企画発行医療雑誌)掲載記事】
職員の確保・定着に向け 人材マネジメントに奔走(PDF)【2016年6月発行『厚生労働』(株式会社日本医療企画発行医療雑誌)掲載記事】
職員の働きやすさの追求が 患者・利用者の満足につながる(PDF)

荒川 洋ARAKAWA HIROSHI
株式会社サウンドテラス代表取締役
新日本フィルハーモニー交響楽団フルート奏者
医療や音楽も様々な見地から検証されているご時世ですが、音楽家からみた医療と音楽の現場はまだまだ双方に隔たりがあるように思います。
演奏の現場からみた様々な事例などを参考に皆様と一緒に検証していければと思っております。
【プロフィール】
パリ国立高等音楽院フルート科を第一位で卒業。
第14回日本管打楽器コンクールにて入賞。
新日本フィルハーモニー交響楽団フルート副首席奏者として就任後首席奏者に就任し現在に至る。
近年作曲活動にも積極的に取り組み、2011年クラリネット作品コンクールにて、自作品「ソナタ~モンマルトルの丘~クラリネットとピアノのための(作品66)」が第三位に入賞。
荒川 洋

橋場 元HASHIBA HAJIME
株式会社アモール(薬局、訪問看護ステーション)代表取締役社長
精神障碍者が地域と「共生」するためには偏見という垣根を取り除き、社会全体で受け入れる必要があります。そのために皆で考え、悩み、勉強して、社会に伝えていく、そんな志の高いメンバーが集う会が精考会です。
医療従事者も今まで以上に地域と「共生」していかなければなりません。私は薬剤師として、また医療介護に携わる企業の経営者として、社会に対して為すべきことを為していきたいと考えています。
人の繋がりは何ものにも勝ります。精考会の活動が全国に広がり、日本がより良い社会となるよう、私も微力ながらお手伝いをさせていただきます。
【所属団体】
富山県薬剤師会 理事 中新川郡支部長
日本保険薬局協会 理事 北陸ブロック長
橋場 元

佐藤 浩HIROSHI SATOU
医療法人社団桜仁会富山さくら病院 看護部 看護部長
精神科医療に携わる看護師として、精神障害に対する理解不足・偏見・差別には責任を感じている。障害を持つ人たちの身近な存在で有るべき看護師が出来る事は何かを日々考えています。
精考会から多くのことを学び、元気をもらい、ありえない人たちとのつながりが日々の活力になっています。この思いを1人でも多くの人達(**看護師を含め)に伝え、会の発展に微力ながら協力できればと考えています。
佐藤 浩

山下 秀男YAMASHITA HIDEO
株式会社イケル(岡山市)代表取締役
この精考会をきっかけに、日本の社会問題を現場の生の声を感じるとともに、自分が何が貢献できるか考えさせられました。素晴らしいメンバーのパワーは、関心を持つことの大切さ、そして行動するやる気を頂いています。この輪を、広めていくようお手伝いしています。
株式会社イケル 山下秀男

三木 正則MIKI MASANORI
だけじゃない鍼灸 三木鍼灸院 院長
私は、ホリスティック医学によるソーシャルビジネスを行っています。ホリスティック医学とは、人間の存在の全てを考慮し、その人の人生を豊かにするために医療的な関わりを持つ、という医療哲学です。その哲学を基に今まで修めてきた革新的な技術・手法を用いて、国民の健康に関する社会問題を解決することを目的とした事業を、ビジネスとして継続して行うことを目標としています。
三木 正則
私が精考会に参加したきっかけは、ある会で講師を務めた際、某総合医療センターの副院長と仲良くなり紹介して頂きました。
精神疾患患者の在宅医療は深刻な社会問題で、早急に対策を行う必要がある状況のにおいて、精考会の在り方や精神性は、現代の日本社会で大きな役割をもって存在しています。これからもこのような会が存続し社会問題の解決に少しでも私も貢献できれば幸いです。