ブログ

近畿厚生局訪問

大阪精考会事務局と岡山精考会事務局で近畿厚生局に行ってきました。

先日、局長の山本先生と面談し、とても好感がもてたので、事務局員にも会ってもらいたいと思ったからです。

山本先生の無理を承知でお願いしたところ、快諾していただき、合計9名という大人数にもかかわらず気持ちよく面談することができました。

僕の目的は、精考会事務局の人材資源管理上の意義がありましたが、そのような目的で貴重な時間を頂戴することもできず、精考会と事務局のご紹介と民間救急の活用に関わる諸問題の提起という目的を掲げ、図々しくもお尋ねしました。

我が国の救急に関わる種々の問題があります。救急車を1台走らせるために必要な費用は、4万円から5万円かかると聞いています。

時代の流れと共に様々な事柄に問題意識を持ち、行政に伝えることができればと熱い気持ちで集まりました。

山本先生には熱心に聴いていただき、わかりやすいお話をしていただきました。

山本先生、ありがとうございました。

DSC_1976